呼吸法

自律神経とは、自分の意志で自由になる筋肉を動かすための神経と対比される存在で、基本的には自分の意志で直接自由にならないものをコントロールするための神経です。

 

 

具体例としては、血液循環、消化、呼吸、体温調節、ホルモン分泌などが挙げられます。
そして、これらをコントロールするために、自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなっています。

 

 

副という文字から、副交感神経は何か補助的、サブ的な働きをするのかというと、そういう意味ではありません。

 

 

この二つはどちらかが主、どちらかが副というようなものではなく、左と右、といったようなものです。交感神経は闘争的な状態、ストレスのかかった状態のときに働き、それにふさわしい体の状態を作り出します。一方で副交感神経はリラックスした状態のときに働き、それにふさわしい体の状態を作り出します。

 

このバランスが崩れるとモナリザ症候群などの問題が表れ始めます。

 

 

さて、ここまで説明したところで、自律神経を整える方法とは、交感神経または副交感神経を整える方法ということになるわけですが、何かとストレスの多い現代社会においては交感神経優位の状態になりがちですから、副交感神経を整えたいと考える人が多いことは間違いありません。

 

 

その最も簡単な方法は、呼吸です。

 

 

最初に挙げた中にも含まれていますね。あれ、と思った人がいるかもしれません。

 

 

呼吸は自分の意志でコントロールできますね。確かにそのとおりで、呼吸は例えば睡眠中など無意識下でも働くことからも自律神経の影響下にありますが、実はその中で唯一自分の意志でもコントロールできる存在です。

 

 

ですから、意識的にリラックスした呼吸、つまりゆっくりと深呼吸をすることで
副交感神経優位の状態を作り出すことができます。

 

脂肪の代謝を促す機能性表示食品


【ファンケル】カロリミット

日本で初めて
  • 脂肪の代謝する力を高める効果
  • 食事の糖の吸収を抑える
  • 脂肪の吸収を抑える
3つ同時の効果が認められた機能性表示食品です。

ファンケルというブランド力もあるかと思いますが
購入しやすさ、限定でもう1袋おまけ
などで5000万個突破しています。


14日分なのでそれほど量は多く入っていません。


1日4粒

1粒はかなり小さいサイズです。

>>カロリミット詳細はコチラの公式サイトでご覧ください。